鹿児島の不動産売却マニュアル~後悔しないための準備サイト~/鹿児島で不動産を売却する流れ/不動産売却における仲介と買取の違い

不動産売却における仲介と買取の違い

鹿児島で不動産売却を考えている方へ、売却方法である「仲介」と「買取」の違いをまとめています。

まずは、不動産売却の仲介と買取、それぞれの仕組みを箇条書きでご説明しましょう。

仲介による不動産売却について

不動産売却の仲介の仕組み

不動産売却で仲介を選ぶ理由と注意点

不動産売却で仲介を選ぶ理由となるのは主に以下のパターンです。

一般的な個人物件の不動産売却といえば、多くは仲介での売買となります。

不動産なのでロケーションに依存するのは当たり前ですが、それなりに不動産取引がなされているエリアなら、特殊事情でもない限り、買主がまったく見つからないということもそうそうありません。

売却価格はその物件スペック次第で、相場前後の金額になるのが一般的。余程欲張って相場を無視した高値をつけるようなことがなければ、売れ残るリスクも少なくはなります。

逆に、不動産売却で仲介を選んだ場合の注意点としては、いつ売却が確定するか市場任せになる点(買い手が現れないと売れない)と、広く買主を募集するため様々な媒体で所有物件が売出中であることをオープンにしなければならない点。

この2点がネックにならないようなら、仲介がおすすめです。

買取による不動産売却について

不動産売却の買取の仕組み

不動産売却の買取を選ぶ理由と注意点

不動産売却で買取を選ぶ理由となるのは主に以下のパターンです。

不動産売却の買取は、不動産会社が買主として直接買い取ってくれるので、売買完了までスピーディーに進行しますし、現金化される具体的な日程も明確になります。仲介業者がいないので、仲介手数料をとられないのもメリット。

ただし、買取だと価格は市場相場の70%程度になるケースが多く、仲介で不動産売却するよりは安価になるのが一般的。また、売却活動することを他社に知られたくない事情があるなら、買取がおすすめです。

なお、不動産売却の方法としては他に『任意売却』と『競売』もありますが、これは住宅ローンの返済が滞った場合などに取られる処置(売却して返済に充てる)ものです。

仲介と買取の違いを押さえたら
鹿児島の不動産売却会社を選ぶ

実績の多さで選んだ
鹿児島の不動産会社3選

南日本ハウス

売却実績
248件
売却スピード
(目安)
最短1ヶ月

公式HPで
売却相談する

※売却実績は、2018年のSUUMO掲載実績(2019年1月現在)
※売却スピードは電話調査の結果

MBC不動産

売却実績
70件
売却スピード
(目安)
不動産による

公式HPで
売却相談する

※売却実績は2018年のSUUMO掲載実績(2019年1月現在)
※売却スピードは電話調査の結果

みずほ不動産販売
鹿児島センター

売却実績
37件
売却スピード
(目安)
1~2ヶ月

公式HPで
売却相談する

※売却実績は2018年のSUUMO掲載実績(2019年1月現在)
※売却スピードは電話調査の結果
※売却実績は2018年のSUUMO掲載実績(2019年1月現在)
※売却スピードは電話調査の結果