鹿児島の不動産売却マニュアル~後悔しないための準備サイト~/鹿児島で不動産を売却する流れ/不動産売却にオススメの時期は?

不動産売却にオススメの時期は?

実は不動産売却にオススメな「この時期」というものはありません。その理由を調べました。

不動産は売却時期で
価値が変わるわけではない

市場としての不動産売却時期に特定の売り時はない

賃貸物件であれば3月・4月など学校や会社との兼ね合いで、1年のうち需要が高まる特定時期があります。

しかし、不動産売却となると年間を通して需給バランスが大きく変動することはありません。つまり、「売主が売りたいタイミングこそベストな売り時」といえるでしょう。

なお、バブル崩壊後やリーマンショック時など、著しく相場が下落することはありますが、こうした不確定要素は予測できるものではありません。このような不動産相場の低迷リスクは発生し得るものとして憶えておいてください。

売主と買主のニーズに加えて相場感が重要

不動産売却の時期を考える時、起点となるのは物件を所有している売主の意思。

売主が物件を売りたいと考えたタイミングがスタートで、それを買いたいと思う買主が見つかり、両者のニーズがマッチした時点がゴールとなります。

つまり、買いたいという相手がすぐに見つかれば不動産売却までの期間は短くなりますし、なかなか見つからず長期間かかることもあります。

買主探しで重要となるのが「相場」。売り出した物件が周辺の市場価格よりも割安感があれば目を引きますし、割高に見えると敬遠されることも。逆に、安すぎても裏があるのではと疑われるものです。

同じ物件でも、こうした相対的価値によって、不動産売却までにかかる期間は変わってくるわけです。

周辺環境や市場動向に影響する面もありますが、特定時期でないと不動産が売れないということはありません。売主として自分が売却したいと思ったときこそベストタイミング!まずは信頼できる会社に相談してみましょう。

半年程度の期間を想定して不動産売却に取り組む

強いて言えば、住み替えを考えているなら新居の支払いに間に合うタイミングでの売却が理想です。

そのためには、今の住居をいつ引き渡すかがポイント。住み替えなら、売却で得た資金を次の物件購入に充当するのが当然です。この順序やタイミングがうまくいかないと、元の不動産が売れないまま、新しい不動産のローンを抱えてしまうことにもなりかねません

そこで、売主としては物件の売却が決まって引き渡すタイミングを想定し、そこから逆算で不動産売却をスタートするのがベターといえます。

売却価格は市場価格程度を見込んでいる場合、一般的には3ヶ月が売却までの目安。

これに加えて、必要書類を集めたり、不動産会社に物件の査定をしてもらう時間なども見込んで、トータル半年程度の期間で不動産売却をスケジューリングするのがおすすめです。

仲介と買取の違いを押さえたら
鹿児島の不動産売却会社を選ぶ

実績の多さで選んだ
鹿児島の不動産会社3選

南日本ハウス

売却実績
248件
売却スピード
(目安)
最短1ヶ月

公式HPで
売却相談する

※売却実績は、2018年のSUUMO掲載実績(2019年1月現在)
※売却スピードは電話調査の結果

MBC不動産

売却実績
70件
売却スピード
(目安)
不動産による

公式HPで
売却相談する

※売却実績は2018年のSUUMO掲載実績(2019年1月現在)
※売却スピードは電話調査の結果

みずほ不動産販売
鹿児島センター

売却実績
37件
売却スピード
(目安)
1~2ヶ月

公式HPで
売却相談する

※売却実績は2018年のSUUMO掲載実績(2019年1月現在)
※売却スピードは電話調査の結果
※売却実績は2018年のSUUMO掲載実績(2019年1月現在)
※売却スピードは電話調査の結果